20代のキャリアビジョン | VIEWコラム

20代ビジネスマン向けに、様々なキャリアを歩む方へのインタビュー記事を掲載。 記事を通して仕事や人生に関する多様な価値観に触れ、自身のキャリアメイクの参考にして頂けます。

大阪出身エンジニアの挑戦 受託開発SEからDXコンサルタントへの転身【前編】

 

こんにちは、エージェントの龍崎です。

”会社×職種×都市”の全てを変えて挑戦された方に、転職を決断したきっかけ、実際の転職活動中の経験、転職後の素直な感想をお聞きしたので、ご紹介します。

転職を迷っている方、第一歩をどう踏み出せばいいか考えられている方の参考になれば幸いです。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

インタビュイー:
徳田忠幸さん※以下、敬称略
DXコンサルタント

フリーランスとして、エンジニアのキャリアをスタートさせる。
その後、受託開発を請け負う、インフラエンジニアとして大手Sler企業の案件に従事。その後、デジタル案件に強みを持つDXコンサルファームに転職。

f:id:view_column:20201224182856j:plain

 ――――前職でもご活躍されておりましたが、転職を考え始めたきっかけをお伺いさせてください。

前職では受託開発を請け負う企業に所属し、特定派遣として案件に入り活動していました。開発系を希望していたのですが、縁あってインフラの方に所属することになり、始めは相当苦労しました。
インフラエンジニアとして、所謂コマンドピングやホストコマンドといったものを知らない状態から、キャッチアップしていきました。今振り返ってみると、最初のモチベーションが高い時に大変な現場に入れたことで、働く上でのスピード感やハードワークといった基準が形成されたと感じています。
初心者なりに努力していく中で、積極的に人と会話していくことが好きな性格ということもあり、上司やお客様に可愛がって頂け、そこからずっとインフラエンジニアとして従事していました。
最初は手を動かすワーカーでしたが、早い段階からフロントに立ち、プリセールス、見積書の作成等といったプロジェクトの前段階から、要件定義、開発、運用方針幅まで幅広く担当するようになりました。周囲との関係の構築ができていたこともあり、クライアントからは『徳田に任せていれば大丈夫』とのありがたいお言葉も頂けるようにもなりました。周りの方々のお蔭もあって、仕事に対しては一定満足をしていた頃、尊敬し目標としていた上司が、独立され会社を辞められました。それをきっかけに自身のキャリアも振り返えってみた際に、今の現場では一定の評価を頂けているものの、他の場所での市場価値についてはどうなのだろうかと気になりました。
妻に、『自分の市場での価値を知るために、より大きな市場に身を置きたい』と相談したところ、快く背中を押してくれたこともあり転職を決意しました。妻は現在も大阪で働いているので、遠距離の生活になりましたが、応援し支えてくれていますよ。
転職活動をスタートさせ、龍崎さん含め数名のエージェントの方とお会いさせて頂きました。龍崎さんは、私自身の考え方や価値観を理解頂いた上で、次のキャリアを提示してくれたのでとても信頼できました。スキルや経験ベースでの企業とのマッチングも大切ですが、自分の軸や価値観を加味したうえで転職先を提案してくれたのがとてもよかったです。
そういった経緯で、最終的にデジタル案件に強みを持つITコンサルファームへ転職して今に至っています。

 ――――新卒時には営業職からキャリアをスタートさせたとお伺いしていましたが、エンジニアへキャリアをシフトさせた経緯をお聞かせください。

大学では情報工学科でプログラミング開発を学んでおり、卒業後も独学でエンジニアとしての学習を進めていました。そういった経緯もあり、フリーランスでwebエンジニアとして企業のHPや商品の宣材サイトの作成を行っていました。
しかし、単発での案件が多く、収入面でも仕事量としても安定しませんでした。また、良くも悪くも私を評価する人がおらず自分の立ち位置が分からず精神的にも苦しい時期でした。私はチームとして働くことにやりがいを感じるのだと気づき、前職に参画することを決意しました。

 ――――ありがとうございます。前職では具体的にどのような案件に携わっていましたか。

前職ではずっと大手Sler企業をクライアントとし、インフラエンジニアとして活動していました。初めの2カ月はOJTでしたが、3か月目からは構築で発生する課題の解決を任されるなど、スピード感があり、責任も与えられる職場でした。
私自身も専門性があることが前提ですが、周りの人がどの領域に専門性を持つかを把握し、案件の推進に必要な際には助け合える関係性を築けること、そのような強みが醸成され、成長できたのが前職のクライアント先だったと思います。

 ――――当時、実際にやられていたことと、やりたいことのギャップはありましたか。

今でこそインフラエンジニアをやりたいと思いますが、当時は自分がやりたいことをあまり意識しないようにしていました
やりたいことができる職場は滅多にないと思うので、私を活かせるのはどこかという視点で考えていました。人によっては、受け身で意思が弱いと思うかもしれませんが。
どのような環境で仕事をするかの方がモチベーション維持には大切だと考えています。前職では目標とする人がおり、食べていけるだけの収入がある会社だったので、その人が転職してしまうまではモチベーションを高く保ったまま続けていました。

 ――――現職のご活躍についてもお伺いしたいと思っております。DXコンサルタントとして、現職ではどのような業務をおこなっておりますか。

前職では、実際に自分で手を動かすという側面がかなり大きかったのに比べ、現在は上流のアドバイザリーだけではなく、必要であればクライアントの現場に入り込んでの開発や保守運用、個別の課題解決、PMOとしての役割等幅広く柔軟に担い、プロジェクトを推進しています。具体的には、大手通信企業、大手官公庁の案件を担当していました。出張が多い時期もあり、朝一で熊本に移動し作業を終え東京に戻り、翌日から新千歳に飛ぶという生活をしていました。この案件だけでANAのプラチナ会員になりました。(笑)
ドキュメントの訂正を空港からの移動のバスの中でやるなど、なかなかハードワークではあったものの、楽しかったですよ。
一人でやっていたら辛い仕事も、一緒に鼓舞できる人がいると違うんですよね。『今日もどこどこの現場だな、がんばろう』と言い合える仲間がいれば乗り越えられます。

 ――――今のお話からも伺えますが、転職後も徳田さんらしさを活かして働かれていらっしゃるように思います。

私はどの現場でも年齢問わず人と話すことが好きで、『徳ちゃんのみに行こうよ』と声を掛けて頂けるような関係性を築けることは自身の強みのひとつだとも思っています。
現在は別の大手通信企業の案件に携わっていまして、配送系や金融系の企業様がエンドユーザーです。近々、サーバーをデータセンターに搬入するフェーズになりますが、現地に行き、ベンダーの方たちとエンドユーザーの方の双方の要望を汲みながら、どういった形で着地させるのかの判断が求められます。そういう意味でも、様々な立場の方がどの様な課題や考えを持たれているのか、現場の声を直に聞くことは大切にしています。

 

 後編では転職の感想やこれから転職する人のアドバイスについて語っていただきます。

 

インタビュアー:龍崎優磨

株式会社アサイン / エグゼクティブエージェント

 新卒から大手人材企業に入社し、ハイクラスを中心とした人材紹介業務に従事。
その後、ファームや事業会社の役員様とのつながりを特徴とした株式会社アサインを共同設立。
ファームとのコネクションに強みを持ち、IT・コンサル領域でのヘッドハンティングを担当。