20代のキャリアビジョン | VIEWコラム

20代ビジネスマン向けに、様々なキャリアを歩む方へのインタビュー記事を掲載。 記事を通して仕事や人生に関する多様な価値観に触れ、自身のキャリアメイクの参考にして頂けます。

大阪出身エンジニアの挑戦 受託開発SEからDXコンサルタントへの転身【後編】

こんにちは、エージェントの龍崎です。

”会社×職種×都市”の全てを変えて挑戦された方に、転職を決断したきっかけ、実際の転職活動中の経験、転職後の素直な感想をお聞きしたので、先日に引き続き【後編】をご紹介します。
【前編】をまだご覧になっていない方は、こちらからお読みいただければと思います!

www.view-career-simulation.com

転職を迷っている方、第一歩をどう踏み出せばいいか考えられている方の参考になれば幸いです。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

インタビュイー:
徳田忠幸さん※以下、敬称略
DXコンサルタント

フリーランスとして、エンジニアのキャリアをスタートさせる。
その後、受託開発を請け負う、インフラエンジニアとして大手Sler企業の案件に従事。その後、デジタル案件に強みを持つDXコンサルファームに転職。

f:id:view_column:20201224182856j:plain

 

――――今後どのようにキャリアを歩まれていきたいか、将来像のイメージを教えてください。

 

5~6年システムエンジニアや、ITコンサルタントとしてのキャリアを歩んできて、評価されてきたという自負もあり、さらに他の案件をやっていきたいと思う気持ち半分、私のようなエンジニア、コンサルタントを育てたい、という気持ちが半分というのが現在の気持ちです。
現況だと常に横について教えるというのは難しいですが、やはり隣に並んで仕事をするというのは大切だと思っています。課題に直面した際に自ら声を挙げられる人はいいのですが、画面の前で固まってしまう人には、対面の方がスムーズに教えることができます。

 

――――これまでフリーランスでも仕事をされる等、どちらかというとプレーヤーとしての仕事をされてこられてきた中で、なぜ育成に力を注ぎたいとお考えですか。

 

1人で仕事を進めるより、チームを率いて活動することの方が私の強みを活かせ、また面白いということに気付きました。その結果、相乗効果で素晴らしい価値をクライアントに提供できると考えています。私が3人いる場合は、トータル3程度の力に留まりますが、チームを率いると様々な気づきも得られ、力が10にも20にもなるイメージです。
また、即戦力と言われる方たちと仕事をさせて頂くのも面白いですが、せっかく口が達者なので(笑)、若手に自分が経験してきたことを伝え、育てていきたいという想いが強いです。

 

――――コミュニケーションに長けているエンジニアは多くないですよね。

 

大勢のコミュニティの中で、人をまとめるということを学生時代からやってきました。200人をまとめるリーダーとしてアルバイトをやってきた経験もあるので、その経験が今に活きているのかもしれません。

 

――――私との面談でも、その話をされていたのを覚えています。

 

よく覚えていますね。
現在は1つのプロジェクトに長く従事していますが、関西時代は、部長から直接依頼され、行き詰っている案件に臨時で呼ばれるという機会が度々ありました。『徳田、ごめんやけど』とお願いされたら断れません。
またそれらとは別に、先程お話しした案件に責任者として従事していたので、並行して5~6案件に関わっている状態でした。複数案件を回すためには、自分だけでは時間的にも難しく、信頼関係のある人を多く作っておく必要がありました。そこで、さらにコミュニケーション能力というものは磨かれたと思います。

 

――――転職されて1年が経過しました。関西と東京の違いは感じていますか。

 

転職する前は、東京は案件規模が大きく、テーマが多彩で専門性の高いエンジニアの方も多いだろうと構えていました。実際に働いてみると、案件が多い分、分業が進んでおり1つの領域に特化したスペシャリストが多く、専門性の高い各分野のスペシャリストをまとめるPMOが不足している印象を受けました。

反対に、大阪等の地方都市は、予算が限られているため、少人数ですべてをやらなくてはいけない分、意図せずマルチプレーヤーになっていきます。

地方都市でマルチにやってこられた方には、ぜひ東京での活躍へもチャレンジしていただきたいです。これまで培ってきた経験が、各領域に特化したスペシャリストをまとめるPM,PMOとしてとても役に立ちます。

 

――――今後、どのような将来像を描いていますか。

 

良い評価を受けることや、昇進は当然嬉しいことではありますが、それらに固執するつもりはありません。
それよりも私としては『チーム徳田』を作りたいですね。前職でも、クライアントとの繋がりが深く直接ご連絡をいただくなど良い関係性を築くことができていたと思います。今後も、クライアントからの信頼を得られるような良いチームを作れるようになることを目指しています。そのような信頼とチームを得ることが、自分の強みを伸ばし、市場価値を上げ、また更なる挑戦への道にも通じると考えています。
現状では、衣食住に足りていて、+アルファの給与もいただてるのでこれ以上の物質的な幸せは多く求めていません。それよりも、楽しく成長できる環境を提供しつつ、各々が力を発揮しチームで高い価値を生むというところに力を注ぎたいです。

 

――――『チーム徳田』というのが徳田さんらしくとても良いですね。仕事ではどういった時に、やりがいを感じますか。

 

やはりクライアントに満足していただくことができた際に、やりがいを感じます。その過程は『楽しい』とは正確には違いますが、好きになることが、よりよい成果を生むことに繋がると考えていますので、意識的に楽しむようにしています。

 

――――エージェントとして、気になるところではありますが環境面は実際のところいかがでしょうか。

 

人間関係含めて恵まれています。定められた勤務時間はデスクにとにかく向かうことが大切であるという考え方と、過程よりも結果を重視する考え方と、ざっくり2種類の働き方の価値観があると思っていますが、私含め、現職は後者の考え方をもっており、効率よく仕事を進めることができています。

 

――――現職でのご活躍をお伺いできて、個人的にはとても嬉しいです。振り返ってみてにはなりますが、転職活動はいかがでしたか。

 

前職と並行しての転職活動でしたので、正直大変ではありました。
今でこそ、自信が確信に変わりましたが、前職でのエンジニアとしての経験がメインでしたので、他の市場や自分のスキルがどこまで通用するか分からず不安もありました。他の市場を知るということは、現在地を知ることにも繋がりますし、それによって今後の進むべき方向性も見えてくるので、あのタイミングでの転職は私にとって必要でした。
当時、多くのエージェントの方からご連絡をいただきましたが、画一的なコミュニケーションではなく私を知ろうとしてくれたのが龍崎さんでした。LINEでやりとりさせていただいていたので、気兼ねなく連絡し相談していました。ビジネスの関係ではあるものの、単純に仲が良かったですよね。
また、他社エージェント経由でも選考を受けている旨をお話しした際にも、否定するわけでもなく、メリット・デメリットについてフラットな視点でアドバイスをして頂けました。アサインさんとしては、やはり自社経由で転職をしてほしいと思うのですが、龍崎さんは『最良の選択を』と惜しみもなく情報を提供してくれました。
正直、聖人かなと当時は疑っていました。(笑)
少し前、私の家でホームパーティーをした際にも来てくださり、当時の話や、今後の展望についてお話ができて楽しかったです。転職して、もし合わなければ関西に戻っても良いという覚悟の元、現職での活動をスタートさせましたが、1年経過しこの会社でやっていける確信が持てました。そのような節目で、龍崎さんと再会でき良い時間を過ごせました。

                           

――――懐かしいですね。一年経った今でも、このようにお付き合いをさせて頂けて嬉しく思います。これから転職を考えている方に対して、何かアドバイスはありますか。

 

東京にはエンジニアとしてのレールがたくさん引かれています。私のようにマルチに活動してきた人には、これまでの経験を活かせる現場が多くあるので、ぜひチャレンジして頂きたいです。
私自身転職活動を始めたころは、どんなエージェントから連絡が来るのか、どういった選択肢があるのかすごく不安でした。ただ、龍崎さんから連絡を頂き、私自身の考え方や価値観を理解頂いた上で、次のキャリアを提示してくれたのでとても信頼できました。スキルや経験ベースでの企業とのマッチングも大切ですが、自分の軸や価値観を加味したうえで転職先を提案してくれたことがとてもよかったです。
転職活動を始める勇気は確かに要りましたが、そこはエージェントの方が力になってくれるので、まずは一歩踏み出すといいと思います。

 

――――徳田さんの現職でのご活躍もお伺いでき、とても嬉しかったです。本日はお時間を頂きありがとうございました。今後もよろしくお願い致します。

 

はい、これからもよろしくお願いします。

 

インタビュアー:龍崎優磨
株式会社アサイン / エグゼクティブエージェント
新卒から大手人材企業に入社し、ハイクラスを中心とした人材紹介業務に従事。
その後、ファームや事業会社の役員様とのつながりを特徴とした株式会社アサインを共同設立。
ファームとのコネクションに強みを持ち、IT・コンサル領域でのヘッドハンティングを担当。