20代のキャリアビジョン | VIEWコラム

20代ビジネスマン向けに、様々なキャリアを歩む方へのインタビュー記事を掲載。 記事を通して仕事や人生に関する多様な価値観に触れ、自身のキャリアメイクの参考にして頂けます。

日本大学柔道部OBの現役ベーシストが語る『呼吸すらも意識する人生』とは

こんにちは。AIキャリアシミュレーションアプリVIEWのメディア担当の安達です。

本日は日本大学を卒業後、保険代理店、飲食店勤務を経て、現在はホテルに勤務しながらプロのベーシストを目指す蒙克(ムンケ)さんにお話をお伺いしてきました。

『呼吸すらも意識する人生を送る』と仰る蒙克(ムンケ)さんは、どのような価値観をお持ちなのでしょうか。

f:id:view_column:20190607201939j:plain

――――自己紹介をお願いします

蒙克 奥頓(ムンケ オドン)と申します。

中国の内モンゴルに生まれ、12歳から日本で生活しています。日本大学卒業後、生保も損保も取り扱う大規模な保険代理店に就職しました。

その後は飲食店のホールスタッフを経て現在はホテルで正社員として働きながら、プロのベーシストを目指しています。

 

――――高校時代は何をしていらっしゃいましたか?

殆どの時間を柔道に費やしました。

高校に入学して最初はテニス部に所属していたのですが、父は私を大学教授にしたかったようで、ずっと厳しく勉強をしろと言われていました。部活動に関しても「夏合宿が終わったら勉強をしなさい」と言われており、止む無く退部することになりました。

ですが自分の人生について色々と考え、生まれて初めて『やりたいことをやらせてほしい』と父に反抗したんです。父と腹を割って話し合った結果、部活をやってもいいと言われました。

テニス部に戻ることも考えましたが、柔道部に入部する事を決めました。

 

――――なぜテニス部ではなく柔道部なのでしょうか?

小さい頃から格闘技が好きだったこともありますが、体育の授業で柔道という競技を知って凄く好きになったんです。

その当時、柔道を教えて下さった体育の先生は柔道部の顧問なのですが、今でも連絡を取り合う程、良くして頂いており本当に感謝しています。

 

――――高校卒業後はどのような軸で日本大学を選ばれたのでしょうか?

前提として、柔道に本気で取り組める大学を探していました。

当初は筑波大学を目指していたのですが、講道館という数百円支払うことで誰でも柔道の練習が出来る柔道のメッカのような所に練習に行った時に、日本大学の柔道部の学生の鬼気迫る練習を目の当たりにしたんです。それを見た時に、この大学で柔道がしたいと思い日本大学を選びました。

 

――――高校生の頃から大学生と練習をしていたのでしょうか?

いえ、一緒に練習をしたいと考えて当時の日本大学の監督にお願いをしましたが、断られました(笑)

ただ何度も頼み込んだ結果ようやく見学の許可を頂けたので大学に見学に伺ったのですが、そこで、講道館の時以上の圧倒的な熱量に触れて、入学を決意しました。

 

――――大学での部活動はいかがでしたか?

なんというか…入部初日から凄かったです(笑)

大学入学試験の合格発表日に監督に挨拶に伺ったのですが、その場で入寮手続きをして大学合格3日後には朝練に参加していました。

ただ入部して1週間後に骨折してしまい、その後3ヵ月間はトレーニングしか出来ず、もどかしい思いをしたのも懐かしい思い出ですね。

 

――――部活での成績はいかがだったのでしょうか?

本当に死ぬ気で練習には取り組みましたが、オリンピックに出られるような一流の選手にはなれませんでした。しかし、部活動をやり切った経験は本当に自分の糧になっていると思っています。

実は大学3年後半の時期、つまり怪我をしたら引退せざるを得ないというタイミングで怪我をしてしまったんです。その時に、同級生から『もう引退でもいいんじゃないか。俺らが全日本優勝するから力を貸して欲しい』という言葉を貰い、怪我後は卒業までサポートの業務を担当していました。

そして部活動が終わってからは社会に出ても通用する何かを身に着けたいと考え、ミクロ経済とマクロ経済を勉強しました。

私の所属していた学部には経済学の講義が無かったので学務課に経済学の講義を受けたい旨を相談しにいったら断られたのですが、教授に直接頼みにいったら快諾して下さったのは良い思い出ですね。毎回最前列で講義を受けていました。

f:id:view_column:20190607201943j:plain

世の中のことを知らないとやりたいことは見つけられない

――――大学卒業後に保険代理店に入社されたとのことですが、どのような軸で選ばれたのでしょうか?

実は就職活動の時期は大学院への進学も検討していたんです。

ただ、大学3年の後半に参加した高校時代の恩師の勉強会(地理・経済) をきっかけに就職する事を決めました。その勉強会後の懇親会で先輩方から『大学にはいつでも戻ってこられる。一度世の中の事を知らないと本当に自分のやりたいことは見つけられない』というアドバイスを頂き就職することを決めました。

 

――――どのような軸で就職活動をされたのでしょうか?

様々な業界を調べていくうちに、システムエンジニアになりたいと思ったのですが、ビザの関係でシステムエンジニアにはなれない事が判明したんです。すごくショックではあったのですが、営業であれば私の保有しているビザで就業することで出来ることが分かり、軸を営業職に変更しました。

その営業職の中で、どうせなら難易度の高い無形商材の営業を経験したいと考え、その中で興味のあった保険代理店の会社への就職を決めました。

 

本当にやりたいことじゃないと本気になれない

――――入社してみていかがでしたか?

振り返ってみると、本当にやりたいことじゃないと本気になれないんだと気付きました。

自分で言うのは少し恥ずかしいのですが、新卒の研修では同期の中でダントツ一位の成績でした。ですが、実際に現場に出てみたら全く売れなかったんです。

当たり前の事ですが、保険の知識が無ければお客様に提案は出来ません。ですが、保険そのものが好きではなかったので、受験すれば大半が合格するような資格試験に落ちたりもしましたね。仕事が辛いという感覚は無かったのですが、とにかく身が入りませんでした。

そんな当時趣味でベースを演奏していたのですが、仕事後に練習しながら寝てしまうような日が続いたんです。そこで、現在師事している先生に相談をした所「そこまでベースがやりたいならやっていいと思うよ」と背中を押して頂いたので、音楽活動に集中出来る環境を求めて転職しました。

 

――――どのような軸で転職先を探されたのでしょうか?

音楽活動をメインでやっていきたいと考えていたので、週休3日の飲食店に正社員で転職をしました。ですが、そこも1年で転職してしまいました。

振り返ってみると条件を重視し過ぎたという反省があります。休みが多いのは非常にありがたかったのですが、僕の強みでもある語学力などが全く活かせずモヤモヤが溜ってしまったんです。

ですので二回目の転職活動では、より音楽活動に集中する為に休日数と語学を活かすことが出来るという2つを軸としました。この軸で転職活動を行った結果、ホテルでの正社員のポジションでオファーを頂けましたので、入社を決めました。

f:id:view_column:20190607201949j:plain

過去の経験が今に活きている

――――今は具体的にはどのような音楽活動をされているのでしょうか?

ホテルで働き始めてから本格的にバンドを組み始めて、ライブ活動を行っています。

また、自分の活動だけでなくてベースの師匠のライブにも同伴し、準備を手伝っています。この手伝いというのは気遣いや機転が求められるのですが、こういった点は柔道部時代に明確な上下関係の中で生活していたのが非常に活きています。先輩方が練習に集中出来る環境を整える為に食事から洗濯まで、何から何までサポートしていたのが活きていますね(笑)

あとは、ボランティアとしてジャズバーで中国語と日本語をお教えしています。中国の名作と言われている映画に私が日本語訳を付け、それを教材として使用しています。

 

悩んでいることなんて忘れて踊ろう

――――現在は様々な活動をされているかと思いますが、将来はどのようなことをやりたいのでしょうか?

ファンクの本場であるロサンゼルスで音楽をやりたいと考えています。

ファンクというのはいわゆる黒人音楽なのですが、黒人の子供ってジェームズブラウンの音楽を聴くと踊りだすんですよ。僕は、人間の奥底にある心を呼び起こすような…ついつい踊りだすような音楽をやりたいと考えています。

なんて表現したらよいか難しいのですが、『悩んでいることなんて忘れて踊ろうぜ!』というような、僕の音楽を聴いた人がそう感じられるような音楽をやりたいと思っています。

 

f:id:view_column:20190607201933p:plain

▼『VIEW』のダウンロードはこちら

――――VIEWをやってみていかがでしたか?

そうなんだー、という感じですね(笑)

ただ、ランキングに表示された職種に転職をしたいと考えたこともあったので、違和感は無いです。

なんというか、僕の保険代理店の時の経験も踏まえた話なのですが、仕事でも何でもやりたいことをやっている方が工夫が出来ると思うんです。

言葉を選ばずに言えば、やりたいことに気付いていてやらないのは、人生の無駄遣いだと思っています。

VIEWはそのやりたいことを見つける一つの手助けになるものだと感じました。

 

f:id:view_column:20190607201927j:plain

――――最後に誰かに何か伝えたい事があればお願いします

僕は、自分がこれをやりたいと意識するだけで日々の生活の中での意識が連鎖していくと考えています。

あまり知られてはいないのですが、柔道というのは競技中に呼吸すらも意識するんです。私は柔道が好きだから日々の生活の中で呼吸すらも意識しています。

そういった日々の生活の中で好きな物に意識を向けて、呼吸すらも意識出来るような人生を歩んでいきませんか?

 

――――VIEWとは

経歴と価値観を登録すると、あなたに合うキャリアがランキング化される日本初のAIキャリアシミュレーションアプリです。

自分に合うキャリアの選択肢を知ったうえで、理想の転職への一歩を踏み出す事ができます。